体圧分散が上手くできないマットレスは腰痛の原因にもなる

トップページ > 体圧分散が上手くできないマットレスは腰痛の原因にもなる

体圧分散が上手くできないマットレスは腰痛の原因にもなる

 

様々な寝相のイメージ画像

 

寝返りについて説明する看護師の女性

人間は通常眠るときの体制は最初は仰向けに横になって寝る状態であっても、睡眠中には何度も寝返りを打つことを繰り返します。

 

これは仰向けの状態で眠るときには背中や腰からおしりにかけて、そして横向きで眠る際には肩の部分腰からおしりにかけての側面などが圧迫されるため自然に体圧分散するための行為です。

 

疲れて家に帰ってベッドにもぐりこんだときにふかふかの体が沈み込むような柔らかな寝具は一見するととても気持ちよいのですが、長い時間睡眠をとるには必ずしも寝心地の良い状態とはいえません。

 

参照:体圧分散 マットレス 腰痛防止

 

 

 

腰痛が酷い男性

 

柔らかすぎたり硬すぎたりするマットレス体圧分散が上手く行かず、その結果腰痛などを引き起こす原因になるともいわれています。

 

寝心地のよいマットレスを選ぶときに大切なのは寝返りがうちやすいかどうかと言うことがあげられます。

 

仰向けや横向きの体制になったときに体圧のかかる部分がどの程度マットレスに沈み込むかは、そのまま寝心地の良し悪しに影響を与えます。

 

もともと2足歩行で生活する人間の背骨は重い頭を支え体のあらゆる部分のバランスをとるために自然なS字のカーブを描いています。

寝ている時の背骨について説明する女医

けしてまっすぐな状態ではなくそれは横になって眠るときにも同じなので、寝ている状態であってもこの自然な背骨のカーブを維持できることが腰痛の発生を予防し、心地よい眠りを得ることができる条件の一つです。

 

背骨を自然な状態に保つためにはマットレスが硬すぎてもいけないし、逆に体がふんわりと沈み込みすぎるほど柔らかいものでも背骨を自然な形にキープすることはできません。

 

普段自宅では自分の体に合った寝具で眠っている人でも、旅行や出張などでいつもとは違う硬さの寝具で眠ると安眠できないという人は少なくありません。

 

これはそのときの寝具の硬さが自分の体とあっていないことから来るもので、そうした寝具で眠ると体には違和感を感じて熟睡できないと言うのも無理のないことです。

 

せめて自宅の寝具は自分の体を心地よく支えることのできるものを選びたいものです。

 

メニュー

最新記事

Copyright (C) 2016 芸能人も多数愛用する人気の高反発マットレス All Rights Reserved.