低反発マットレスを使っている人が背中が痛いと感じる原因

トップページ > 低反発マットレスを使っている人が背中が痛いと感じる原因

低反発マットレスを使っている人が背中が痛いと感じる原因

 

腰痛が酷い女性

低反発マットレスは体が沈みこむような独特の感覚があるためファンも多いのですが、しかし低反発マットレスを使っている人の中でそれなりに見られるのが「低反発マットレスを使い始めてから背中が痛くなった」と言う人です。

 

もちろん逆に背中の痛みがなくなったという人もいるのですが、全体的にみると低反発マットレスを使い始めてから背中が痛いと感じるようになったという人は少なくありません

 

ではどうしてこのようになってしまうのかというと、これは睡眠時の姿勢に原因があります。

 

寝相が悪く背骨が歪むイメージ画像

 

背骨の説明をする骸骨くん

通常、人の背骨はS字のようなカーブを描いているのが正しい状態です。
この状態だと起立時にかかる体重はうまく分散されて、長時間立っていても体に痛みを感じるということはありません。

 

しかし悪い姿勢が続くと背骨が歪んでしまって、腰と背中、そして頭部がまっすぐのラインの上に無いという状態になってしまうのです。
こうなってしまうと体重はうまく分散されなくなってしまい、腰にダイレクトに負担がかかってしまうため腰から背中にかけて痛みが走るようになってしまうのです。

 

 

 

さて、ではこれが低反発マットレスとどう関係してくるのかというと、問題になるのは腰がマットレスに沈み込んでしまうというところです。

 

「マットレスに腰が沈む」ということに関して「マットレスが身体の形に合わせてくれるのだからむしろ背骨を良い状態にできるのでは」と考えてしまう人も多いのですが、マットレスに加わる体重が人体のすべてに等しく分配されているわけではないということを忘れてはいけません。

 

背骨に負担の無いイメージ画像

 

例えば腰の真ん中よりもお尻の方が重いように、低反発マットレスだとどうしても身体の重い部分が沈みこんでしまい、姿勢が悪くなってしまうのです。
このせいで本来力が加わらないはずのところにも力が加わってしまう、そうなるとやはり背骨は歪み、背中の痛みを生じやすくなってしまうということになります。

 

低反発マットレスのイメージ画像

 

低反発マットレスを使っていて背中が痛いと感じられる場合、それを放置しているとさらに痛みは増してしまうこともあります。
そうした人が選ぶべきはむしろ身体が沈みこまない高反発マットレスですから、なるべくこちらを選ぶようにしましょう。

 

メニュー

最新記事

Copyright (C) 2016 芸能人も多数愛用する人気の高反発マットレス All Rights Reserved.